「投資は積立インデックス投信だけでいいの?」という疑問に対する考察

こんにちは、投資ブロガー藤奈です

今回は「投資は積立インデックス投資だけでいいのか?」という疑問に対して、わたしなりの見解をお伝えしたいと思います。

積立インデックス投資をしているけれど、他の投資も始めた方がいいのか悩んでいるという方は、ぜひ読んでみてください。

資産運用のプロでも市場平均以上の利益を出せていない

投資はインデックス投資だけでいいのか?という疑問は、インデックスファンドとアクティブファンドを比較すると何となく答えが出てきます。

投資信託には、インデックスファンドアクティブファンドの2種類があります。

インデックスファンドは、各種の指数に連動するように作られており、市場の平均的な利益を得ることを目標にしています。指数に連動する運用方法は、インデックス運用と呼ばれています。

たとえば、TOPIX(東証一部に上場する全銘柄を対象とする株価指数)に連動するインデックスファンドであれば、東証一部の株価が上昇すれば、基準価額も上がるようになっています。

世界債券と連動するインデックスファンであれば、世界債券の価格が上昇すれば、インデックスファンドの価格も上昇するようになっています。

アクティブファンドは、運用の専門家が割安度や将来性を基に銘柄を選定して、市場平均以上の利益を得ることを目標にしています。アクティブ運用呼ばれています。

「運用の専門家が選んでいるアクティブファンドの方が利益が出そう」と思われるかもしれませんが、インデックスファンドの方が勝ってしまうのです。

勝率で表すと、約7~8割の確率でインデックスファンドが勝つのです。

アクティブファンドはプロの投資家が銘柄を選定するので、コストがかかることが大きな敗因の要因になっていますが、資産運用の専門家でも市場平均以上の利益を出せていないのが現実です。

結論:投資はインデックスファンドのみでいい!

インデックスファンドとアクティブファンドを比べることで、プロでも市場平均以上の利益を出せていない現状で、素人が市場平均以上の利益を得ることがいかに難しいか分かります。

つまり、インデックス投資以外の投資を始めても、インデックス投資以上の利益を出せない可能性の方が高いと言えるのです。

インデックス投資以外の投資…個別株(高配当株・増配株)投資やFXは、幅広い知識とタイミングを計る必要があるので、難易度がかなり難しくなります。

関連記事 インデックス投資と個別株(高配当株・増配株)を比較

インデックス投資を行っている投資家でも、他の投資に関しては素人。プロでも利益を出せていない現状で、素人が利益を出せるのでしょうか?

お金のプロとして知られるFPの山崎勉さんは、「手数料が高いアクティブファンド、リスクの高い小型株など、他の投資は必要ない。投資はインデックス投資だけでいい」とはっきり言われています。

投資の神様として名高いウォーレン・バフェットも、「個人投資家にとって、個々の株式を売買したり、プロのファンドマネージャーが運用する投資信託に投資するよりも、ただインデックスファンドを買って、じっと待っている方がはるかに良い結果を生む」と言っています。

わたしはインデックス投資だけでなく、株やFX、J-REITも行っていますが、それは「投資を趣味として楽しんでいるから」です。

「インデックス投資以外の投資をしたい!」という方は他の投資を始めていいかもしれませんが、インデックス投資だけじゃまずいかも!と思って他の投資を始めるのは違うかなと思います。

無理にリスクの高い投資を行う必要はありませんし、投資はインデックス投資だけで問題ないかなというのが私の出した結論です。

個別株(高配当株・増配株)を勧めるツイートやネット情報をよく見かけるので、わたしの考え方をまとめてみました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました

ABOUT US

アバター
藤奈

関西地方在住のアラサーパート主婦です

投資はリスクのあるお金の増やし方なので、まずは副業で収入を増やすことを目標にしています。

副業×投資で0円から100万円まで資金を増やした体験談を基に、副業と投資について情報を発信しています!